-->

公認の覗き?衣類を透視するX線検査

ワイアード・ニュース・レポートより

 ロンドンのヒースロー空港に乗客の衣服も透視が可能な新しいX線装置が設置された。しかし、これは「覗き行為にお墨付きを与える」ものだとして、市民の自由を擁護する活動家からは激しい抗議が起きている。

 この装置は低レベルの放射線を使って衣服を透視し、乗客の身体が一点も隠さず写し出された詳細な白黒画像を生成する。この画像により、衣服の下に隠された固形物を発見できるというわけだ。

 
ヒースロー空港では先頃、4ヵ月間にわたる装置の試験運用を開始した。検査対象は、無作為に抽出され、この装置で検査を受けることを承諾した乗客に限られ
る。しかし、イギリスの市民権擁護団体『リバティー』は、この装置によるX線画像を不当でプライバシーを侵害するものだと評している。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56276357

この記事へのトラックバック
Global Linking Solutions Corp. http://glss.jp 東京都千代田区岩本町 3−11−8 イワモトチョービル 2F TEL:03-5821-6645 Email:info@glss.jp (@を@に変更して下さい)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。